上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近年、「パワースポット」という言葉によく出会うようになった。
そしてこの言葉に便乗したお店などもどんどん増えている。

神社という場所も、この言葉がきっかけで立場が変わってきたようだ。
さまざまな神社が、これによりどのような影響を受けているのか。
どのように変化していったのだろうか。


そこで我らオカルト女子部は、
最も「パワースポット」という言葉に影響を受けたであろう
縁結びにゆかりある神社を巡った。


まず初めに浅草にある「今戸神社」を訪ねた。

オカルト女子_imado

今戸神社は、夫婦神を祀っていることから、
縁結びにゆかりがあり、若い女性に大人気の神社だ。



ここの絵馬は、他の神社では見られない『真円形』の絵馬である。
これは「縁」と「円」の語呂を掛け合わせたものとなっている。

オカルト女子_imado10 オカルト女子_imado9

至る所にぎゅうぎゅうで絵馬が掛かっており、
たくさんの人が足を運んでいることが伺い知れる。
重なり合った大量の絵馬は、
人の「気」が溢れかえっているような光景だった。




オカルト女子_imado8 オカルト女子_imado4

拝殿には招き猫。


今戸神社は「招き猫発祥の地」としても知られている。

江戸時代末期、老婆が貧しさゆえに愛猫を手放したが、
夢にその猫が現れ、「自分の姿を人形にしたら福徳が授かる」と言った。
その猫の姿の人形を、今戸焼の焼き物にして売ったところたちまち評判になったという。
これが招き猫の発祥と言われており、
神社には多くの招き猫が奉られている。

オカルト女子_imado1

今戸焼は、このあたりで16世紀頃から伝わる、素朴さに味のある焼き物。
江戸時代には狐や力士を象った土人形が好まれた。
今戸神社の招き猫は現在もその今戸焼で作られたものだそうだ。




そしてこの神社では、
「縁結び会」なるものが月に2回も開催されている。
それの舞台なのか解らないが、神社の中央には洋風な椅子で団欒できる空間が作られていた。
このような花のチョイスにもなんだか違和感。

オカルト女子_imado3




この石像に軽く列が出来ていた。
写メで運気があがるなど神は知る由もない。

オカルト女子_imado6 オカルト女子_imado7


さらに宮司夫人直筆、ご利益カード500円
買うか買わないかはあなた次第。

オカルト女子_imado2




もはや神社のご利益というものは
訪れる人の情念で作られていっているのかもしれない。
信じるもののみがその「パワー」を感じるのだろう。


愛に悩むたくさんの人々の情念が渦巻く場所、それが今戸神社だ。





--------------------------------------------------------------
オカルト女子_omamori1

【今戸神社データ】

住所:東京都台東区今戸1-5-22
交通:銀座線浅草駅7番出口から徒歩15分
HP:http://www.tctv.ne.jp/imado-8/T1.htm
満足度:★★★☆☆




Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。