上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
擬態する寄生虫、ロイコクロリディウム。


この寄生虫は、カタツムリの触角に寄生する虫だ。
擬態、とは一体何に姿を変えたように見せるのか。



それは…
「イモムシ」である。


オカルト女子_roi


この寄生虫はまるでイモムシに見えるように体を変化させる。
鳥をだまし、間違えて食べさせるためだ。
そして鳥の体内に運ばれた寄生虫は卵を産み、
鳥の糞と一緒に卵が排出される。
その糞をカタツムリが食べ、再びカタツムリに侵入する。


さらに面白いのが、
カタツムリは本来暗い場所を好んで生息しているが、
この寄生虫に感染されると、明るいところを好むようになるのだそうだ。
それは、イモムシに似せた体を鳥に見せるためである。

性質まで変えてしまうとは、恐るべしロイコクロリディウム。



そうは言っても実際は、好むようになるというより、
寄生虫に体を支配されてしまって
無理矢理日差しの中に行く様コントロールされてしまうのだ。

実に恐ろしい。



この寄生虫は人間には基本寄生しないそうだが、
こちらのニュースにもあるように、
寄生したカタツムリを食べると体内に入り込み、
死に至る場合があるそう。

実に実に恐ろしい。


__

目玉がまるでイモムシのように変貌していく様子を、
ぜひ動画でご覧下さい。

【動画】イモムシへと変貌する寄生虫



スポンサーサイト

| main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。