上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日はひなまつりなので、
女子らしく オカルト女子らしく、クッキー焼きました。

オカルト女子_0303_15




▲お馴染み、プロビデンスの目。
過去記事参照)
オカルト女子_0303_12



▲あの、Gマーク
オカルト女子_0303_13オカルト女子_0303_14




オカルトークを挟みつつ、真剣作業。

オカルト女子_0303_8

オカルト女子_0303_9

オカルト女子_0303_7



本日は初のユースト配信でお届けしました。
お付き合いいただいたみなさま、ありがとうございました。
また、お知らせします!

スポンサーサイト
天候が優れない日々が続いて延期していた初詣。
やっとこ良い天気に恵まれ、詣でてきた。

いつもの浅草寺にて。
まず、感謝の言葉を伝えてから参拝するのがオカ女ルール。


オカルト女子_asakusa11

とりあえず、おみくじはひいておく。

オカルト女子_asakusa10


ガラガラ…


オカルト女子_asakusa9

なんと番号1番をひいたD氏。
結果は…




オカルト女子_asakusa8

「大吉」!!幸先よい。
残り二人は「半吉」「凶」という残念な結果に…
浅草寺は凶が多く出ることでも有名だが、
やはり落ち着かないのでしっかりと縛ってきた。


オカルト女子_asakusa7

なぜか一番乗り。あれ?今年はあまり凶出てないのか?


オカ女の運気が三方向に別れたところで、次の目的地へ。



オカルト女子_asakusa5

オカルト女子_asakusa6

昼食に選んだのはここ「大木洋食店
なんとも言えない外観にわくわくが止まらない3人。


オカルト女子_asakusa4

中へ入ると予想通りの昭和感。
店主であるおじいさん(75歳)が一人で切り盛りしている。
すぐにあたたかいお茶を出してくれたが、
すきま風のせいなのか壁が薄いせいなのか、一向に冷えがおさまらない。


オカルト女子_asakusa2

なんせおじいさん一人で作るものだから、
待ち時間が長い。その間に読むのは「自殺のコスト」
内容は、またの機会におすすめとしてアップさせていただきたい。

オカルト女子_asakusa3

あの立川談志も愛した大木洋食店。
立川一座も良く訪れていたらしく、
サインやら写真やらが飾ってあった。


オカルト女子_asakusa1

オムライスととんかつを注文。
とんかつは談志も好んで食べていたそうだ。
確かに美味。


店主は、食べている間中、ずっと話をしていた。
趣味である写真を見せてくれたり、
故郷の話から始まり上京、現代と昔の金銭価値観、仕事…
店主は言った。「変わった」と。
今と昔では何もかも違う。
給料も違う。町並みも変わった。物価も違う。


そうだよな~時代はどんどん進んでいるんだよな~、と
オムライスを頬張りつつ、頷きながらぼんやりと感じていた。


でも思った。
このオムライスやとんかつだけはずっと変わらないということを。
店主が何十年も続けて守ってきた味なのだ。
浅草人情に触れたなあと思いながら、店を後にしたのだった。




---

え?今回全然オカルトとかじゃなくない?と思ったそこのあなた!
実は去年からひっそりと「番外編」項目を追加しております。
レポートしながら発見したことや立ち寄ったことも、
オカルト女子的目線で、ご紹介していく予定。



さて、その次に向かったのは「三囲神社」。
ついに三位一体を体感!

記事は次回へつづく。


それは、「巨像」というものに目覚めてしまった瞬間だった。


鎌倉面掛行列のレポートを終えて
次の目的地、大船駅に着いた時。



”それ”は現れた。


オカルト女子_kyozou5

駅の目の前の木々の中から、ひょっこりと出した頭。
いや、ひょっこりというより…
でかさが余って飛び出てしまった感じだ。


飛び出た頭を見る限り、相当な大きさを感じる。
なにあれ!!と大興奮のオカ女。


さっそく、”それ”を近くで見るべく、境内に上ることに。
写真を撮る余裕も無いくらい結構階段や坂道をあがり…





ついにご対面!!

オカルト女子_kyozou7


顔が見えた瞬間叫んでしまった。
なんだか奇妙な顔立ち+異様なでかさに興奮がマックスに。
階段を駆け上がり…


オカルト女子_kyozou3

到着!どーーん。

オカルト女子_kyozou4

手前でありがたく拝んでいるd氏。
はあ~。立派立派。


別アングルでどうぞ。

オカルト女子_kyozou6

横に筆文字で「賀正」とでも入れたくなる。笑
白さが空の青と合ってて素晴らしい。



さて、この巨像の名は「大船観音」。
この観音様、本当は立像で建てる予定だったが、
地盤が悪いらしく胸像になったようだ。


更に、世界恐慌という世相の中で寄付金が集まらず、
昭和9年に建立の工事が中断。
観音像は未完成状態で23年間放置されていたらしい。
23年間って…。かわいそうに。。

その後、諸々資金集めなどが完了し、
昭和35年に完成。めでたしめでたし。




大船観音の興奮冷めやらぬまま、
世界にどんな巨像がいるのか気になり、調べてみた。
中でも自分の気になった物をご紹介。



※以下はまとめサイトなどからの拾い画像です。

コルコバードのキリスト像
オカルト女子_kyozou1 オカルト女子_kyozou1a


ブンタウ・キリスト像
オカルト女子_kyozou1c


最近完成したらしい世界最大のキリスト像
オカルト女子_kyozou1b


どこだろう?これもキリスト像
オカルト女子_kyozou2


もうお気づきな方もいるかもですが、
調べるうちに、どうやら自分の好みは
「キリスト像」であることがわかった。
堂々とした出で立ち、両手いっぱい広げた姿がなんだかかっこいい。





最後に、昔行ったルーブル美術館の写真を漁っていたら、
ニケ像が出てきた。

オカルト女子_kyozou

これも結構好きかもしれない。

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。